糖質制限のお弁当を作るポイントは食材の”黄金組み合わせ”を知ること!

IMG_1522

出会った頃はスマートで素敵だったのに、結婚してからぶくぶく太って今は見る影もない…。そんな旦那さんの体型を悩みに持つ主婦の皆さんは多いのではないでしょうか?なんとか食事で肥満を食い止めたい!と思って頑張ってはみても、なかなか上手くいかないものですよね。

そんな方にぜひ試してほしいのが、今回ご紹介する糖質制限のお弁当ダイエットです。ヘルシーな晩ご飯を作って待っていても、夜の飲み会や接待が多くてなかなか帰ってこない旦那様には、お昼のお弁当がチャンスです。

 

糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエットという言葉は聞いたことがありますよね。米を10年食べていないというGacktさんのダイエット法でも有名です。

糖質とは、重要な栄養素である炭水化物の成分で、人間が活動する為に必要不可欠なエネルギー源です。ごはんやパン、麺類といった私たちの主食に主に含まれるものです。

しかし飽食の現代、取りすぎてしまった糖質は脂肪に変化して身体に蓄えられ、肥満の原因となってしまっています。ですので、エネルギーとして使われる分くらいの糖質に押さえようとするのが糖質制限ダイエットです。

 

糖質制限のお弁当のポイント

「糖質制限食ということは、ごはんを抜くのよね?野菜中心のおかずにすればいいってことでしょ?」と思うことでしょう。それで正解なのですが、大事なのはごはんがなくても野菜だけで「おいしいこと」です。おいしくなければ続けることはできません。

ではおいしいお弁当はどんなお弁当でしょうか?定番のお弁当を思い浮かべればわかりますね、味付けの濃いおかずと白いごはんではないでしょうか?ミートボールやウインナーと梅ごはんというお弁当は永遠のスター的弁当です。ですがそんなお弁当の白ごはんを抜く、あるいは激減させなければなりません。

そこで今回のテーマであるおいしい糖質制限のお弁当を作るポイントは、食材の「黄金組み合わせ」を知ることです。すると、白いごはん抜きのおかずだけでも満足できるお弁当になるのです。

実は某ホテルの元料理長にレシピを教えてもらったのですが、そのレシピで驚いたのは「これとこれを組み合わせるとこんなにおいしいんだ!」という発見でした。おいしいポイントは組み合わせであることがわかったのです。

料理長といっても心配しないで下さい、素人の私が作ってみましたので皆さんにもできますよ。明日のお弁当のおかずにぜひ取り入れてみて下さい。

 

おかず1.たことなすのポン酢和え

IMG_0956

 

黄金組み合わせ

たこ+なす+セロリ+アボカド

材料

・ボイルたこ
・なす
・セロリ
・アボカド
・オリーブオイル
・ポン酢

作り方

1.なすとセロリの茎の部分をスライスし、オリーブオイルで炒める。

この時点で既に私は不安でした。なすとセロリを一緒に扱ったことはないですし、炒めたこともありません。でも料理長を信じて炒めてみます!

IMG_1511

2.たこをスライス、アボカドをブロックに切り、なすとセロリと和える

さらに驚きの組み合わせを実現させていきます。たことアボカドを加えます。この4つを和えていいの?かなり不安ですが混ぜていきます。

IMG_1513

3.ポン酢とオリーブオイルで整える

調味料にポン酢と出てきて少し味が見えた気がしました。オリーブオイルも少し加えながら和えて完成です。

気になる味は…?

めちゃくちゃおいしいです!!このおかずだけでモリモリ食べられます。たこの自然の塩味、オリーブオイルの染みたなすの味、火を通したセロリの苦すぎない苦み、アボカドの甘さ。これらが絶妙に絡み合います。まさに黄金組み合わせ!

 

おかず2.3種のキノコとささみ炒め 粒マスタード和え

 

黄金組み合わせ

しめじ+舞茸+エリンギ+粒マスタード

材料

・鶏ささみ
・キノコ3種(しめじ、舞茸、エリンギ)
・タマネギ
・粒マスタード
・カレーパウダー
・酢

作り方

1.鶏ささみをゆで、手でほぐしておく

2.3種のキノコを手でほぐしたり適当な大きさにスライスする

キノコを3種も用意すると、1パックずつでもボウルいっぱいになります。こんなではキノコ臭くなるのでは?と不安になりますが大丈夫です。

IMG_1516

3.キノコとタマネギを炒めて酢をひとかけ

キノコとみじん切りにしたタマネギをいっしょに炒めていきます。

そしてここでの調味料に酢?となるとまた不安です。キノコと酢の味の想像がつきませんが思い切って入れていきます。

4.鶏ささみと粒マスタードを加えて和え、カレーパウダーで風味付けをして完成。

粒マスタードは味見しながらたっぷりめに入れていきます。カレーパウダーは風味付け程度に。

IMG_1519

気になる味は…?

キノコそれぞれの味や食感が感じられて面白い!大量のキノコでも全然臭みはなく楽しんでずっと食べられます。キノコの組み合わせプラス粒マスタードがかなりポイント。粒マスタードなんてウインナーにしかつけたことがなかったのですが、まさかキノコにも合うとは意外です。鶏ささみを加えることで食べ応えも十分。ごはんなしの独立したおかずになり得ます。

 

おかず3.鯖の塩焼き セロリ添え

IMG_0778

黄金組み合わせ

鯖+セロリ

材料

・塩鯖
・セロリ
・オリーブオイル
・塩

作り方

1.塩鯖を焼く(フライパンで焼いてもOK)

2.セロリの茎をスライス、葉っぱは手でちぎる

IMG_1510

3.オリーブオイルと塩少々を小鉢でまぜあわせておき、セロリにかけて和える

気になる味は…?

まさかのセロリ添えに感動です。焼き魚に添えるのはこれからは大根おろしではなくセロリにしてみましょう。鯖の塩焼きとなると白いごはんがどうしても欲しくなりますが、たっぷりのセロリが一緒ならごはんなしでもいいか〜と思えます。大根おろしをお弁当箱には入れられませんが、セロリなら汁漏れも心配なし。

 

お弁当箱に詰めてみるとこうなりました。炒り卵も追加してます。

IMG_1522

単品の野菜の炒めものではさみしいけれど、このような黄金組み合わせを知っていれば白いごはんがなくてもこんなに華やかで独立したおかずとして満足できます。

これから外食する時には、シェフがどんな食材を組み合わせて工夫しているかに注目して食べてみてください。お弁当のおかずに活かせる面白い発見があるかもしれませんよ。

旦那様には糖質制限のお弁当を楽しんで食べてもらいましょう!

backtotop