頑張った子どもたちへ送りたい!喜んでもらえる運動会のお弁当5選

運動会といえば、いつもは見られない子ども良い表情を見ることができる最高の機会。ちょっとオトナに成長してくれた子どもたちに、素敵なお弁当を作ってあげたい、そんなママやパパに今回は子どもに人気のおかずをご紹介します!

タコさんウィンナー進化系?イヌさんウィンナー

img_kids01

出典 http://www.nipponham.co.jp/recipes/kazarigiri/poodle.html

こちらはタコさんウィンナーならぬ、イヌさんウィンナーです。こちらの作り方はウィンナを1本用意し、顔の部分、耳の部分を2枚、を切り落とし、残った部分を胴体として使います。

胴体の部分に縦に細い切りこみ、横に太い切りこみを十字形に入れて足を作り、胴体や顔、耳の部分はパスタを差し込んで繋げるという方法でパスタを作ります。

少し作るのは細かい作業が必要取るものの、手間のかかった可愛いキャラウィンナーには子どももきっと喜んでくれるでしょう!イヌさんウィンナーだけでなく、様々な飾り切りの方法がありますので、是非一度調べてみてはいかがでしょうか?

お花が入った卵焼き

img_kids02

出典 http://matome.naver.jp/odai/2137559715002104401/2140629844776712803

お花の方に魚肉ソーセージをはめてぎゅっと押し込むと、出てくるお花の形のウィンナーを卵焼きで包むでだけで、断面が可愛らしい卵焼きが完成します。彩りも綺麗ですので、お弁当に入れるだけで雰囲気がパッと明るくなりますよ!

あまり変わりダネのおかずを作ったことがないという方も挑戦しやすい卵焼きですので、一度試してみてはいかがでしょうか?

具材たっぷりのサンドウィッチ

img_kids03

出典 http://cookpad.com/recipe/1447804

こちらは元々のレシピがパンから手作りですが、大きめのブレッドなどでも代用できます。豪快さが気持ちのいいこのサンドウィッチ、たくさんのレタスを使えば彩りも華やかで野菜がたっぷりとれるようになっています。ポテトサラダやトマト、鶏肉などの好みの具材をたっぷり詰め込めば、これだけでもお腹いっぱいになりそうです。時間がないという方でも、サンドウィッチなら具材を詰めるだけですので、簡単にできそうですね!

サンドウィッチは普通の食パンを星やハートの型で穴を開けるというちょっとした工夫でも子どもは喜んでくれますよ。手軽に食べられて、野菜もたくさん入れられるので、たくさん動いた子どもの体に良さそうです。

キャラご飯

img_kids04

出典 http://chu-channel.com/character-3458

子どもが一番感動してくれるのはやっぱりキャラ弁!大好きなキャラクターがお弁当から顔を覗かせてくれたら、子どものテンションも上がること間違いなしです。しかし手間がかかりそうだな……と心配している方も多いのではないでしょうか?

そんな時に一番時短になるのが、ご飯に色づけしてチーズやハム・海苔などでトッピングすることです。こちらのキャラ弁当はおいなりさんと白いご飯をうまく使い分けてリラックマを作っています。

トトロもあります

img_kids05

出典 http://cookpad.com/recipe/2201744

みんな大好きなトトロ!お弁当箱を開けて顔を出してくれたらきっと子どもも喜んでくれますね。こちらはトトロやまっくろくろすけの色を海苔で表現しています。ご飯を海苔で巻いて形を作り、カットチーズなどで飾り付けをするだけですので、難しくありません。

キャラ弁を作ったことがないという方は、ご飯から挑戦してみてはいかがでしょうか?

子どもは覚えてくれるものです

お弁当なんて、食べてしまったらどれも一緒でしょ?と思っている方も多いですが、子どもは親が一生懸命お弁当を作ってくれたというだけで、何ものにも代えがたい愛情を感じるものです。

筆者も幼少期に母がキティーちゃんのキャラ弁を作ってくれたことがありました。持って行く時もそっと大切に持ち歩いていたつもりがお昼時にはすでに形が崩れ、友達に「ライオンみたい」と言われました。

後にも先にもキャラ弁は一度だけでしたが、それでも母が愛情込めて作ってくれたということが何よりも嬉しく、それから数十年経った今でもお弁当の思い出といえば母のキティーちゃんのお弁当です。手間暇かけて作ってくれたお弁当を子どもはきっと何よりも楽しみに待っていてくれますよ!

 

朝早く起きて支度するのが大変ではあるものの、運動会は子どもにとっても親にとっても特別なイベント。是非最高のお弁当を用意して、普段の生活では深められない親子の絆を深めてみてはいかがでしょうか?

backtotop