最高に気持ちいい!お弁当をおいしく食べられる大阪の公園はココ!

210015ba77fe169a02c54f069e87e001_m

気温もだんだんと温かくなり春の訪れを感じさせる今日このごろ。春の楽しみといえばお弁当を片手に出かけるピクニックです!ぽかぽか陽気の外で食べるお弁当はとってもおいしいですよね。

そこで今回は、お弁当を食べるのに最高に気持ちいい!と感じられる大阪の公園をご紹介します。どこも家族でも楽しめる場所を選びましたので春のお出かけの参考にしてみてください。

 

大阪城パークセンター

img_nishinomaru

出典 http://www.osaka-info.jp/jp/facilities/cat11/5288.html

JR森ノ宮駅または大阪城駅から歩いてすぐ。大阪を代表する観光名所の一つでもある大阪城。城下には広大な公園が広がっています。

基本的に公園内はどこでも飲食ができますがおすすめは大手前芝生広場です。この広場は木陰が多く、地面にシートをひいてピクニックするにはピッタリの場所です。

道路から距離があるため子供がどれだけ走り回っても安心です。近くには桜を鑑賞できる西の丸、真田幸村でも話題の大阪城、NHK大阪など見どころもたくさんあります。

 

万博記念公園

img_banpakukinen

出典 http://www.expo70-park.jp/event/6297/

大阪モノレールに乗って万博記念公園駅降りてすぐ、吹田市にある万博記念公園はまさにピクニックのためにあると言っても過言ではないほど大きな公園です。

おすすめは自然文化園内部にある東大路です。3月末から4月上旬にかけて桜並木が一斉に開花します。桜の下は芝生やベンチが完備されており桜を見ながらお弁当を食べれるスポットです。

万博記念公園内は他にも多くの花が植えられて非常に賑やかですし、民族博物館や現代美術の森など歩いて回れる見どころが多いです。入園料は大人250円、小中学生70円ととってもリーズナブルです。車でのアクセスもできますが、非常に混雑するので電車でのアクセスがおすすめです。

 

中之島公園

img_nakanoshima

出典 http://www.osakapark140526.osgf.or.jp/nakanoshima_outline/

地下鉄淀屋橋駅から下車してすぐ、都会のどまんなかに広がる憩いの場所です。5月から6月は約310品種、およそ3,700株のバラが咲き誇る日本でも有数のバラ園としても有名な公園です。

バラ園の中では飲食はできませんが、公園内は芝生広場もありここでならお弁当を食べても大丈夫です。トイレも完備されているので安心ですし、なにより無料で利用できるというのが大きな強みでしょう。アクセスも梅田駅から近いので非常に便利です。

 

長居公園

img_nagai

出典 http://www.nagai-park.jp/n-syoku/index.html

大阪御堂筋線地下鉄長居公園駅から徒歩1分のところにある大型公園です。休日になると、スポーツやレクリエーションを楽しむ人たちで賑わう場所です。

おすすめは長居公園内にある植物園です。植物園内には大きな噴水池を中心に季節によって色とりどりの花々が咲き誇っています。植物園内はどこでお弁当を食べても大丈夫です。ベンチやテーブルなども完備してありピクニックにはうってつけの場所といえます。植物園の入場料は大人は200円ですが中学生以下は無料なのも嬉しいです。近隣には自然史博物館もあるので子供連れでも楽しめる公園です。

 

花博鶴見緑地公園

img_tsurumi

出典 http://www.tsurumi-ryokuchi.jp/news/2052

地下鉄 鶴見緑地線 鶴見緑地駅降りてすぐ、かつて花博が開催された土地が公園となった場所です。園内は万博記念公園に匹敵するほどの大きさがあります。

おすすめのピクニックスポットは風車の丘です。風車の足元はチューリップの大花壇になっておりまるでオランダに来たかのような景色が広がります。丘の上部分は休憩スペースになっておりこちらでお弁当を食べられるスペースがあります。公園内にはチューリップ以外にも桜や季節の花々が植えられており、植物園や乗馬クラブなどもあり見どころは非常に豊富です。

子供が遊べる遊具も充実しているので子供さんでも退屈することはないでしょう。入園料は無料なのも高ポイントです。

 

探してみると大阪府内でも非常に沢山の公園があります。無料、もしくは数百円で入園できるところが多く、駅からすぐというのも非常にありがたいです。青空の下で食べるご飯はいつもよりも非常に美味しく感じられると思います。今年の春はお弁当を持って公園にピクニックにでかけててみましょう!

backtotop